自然を楽しむ自然と遊ぶ馬瀬の歴史馬瀬を味わうゆったりと過ごす 馬瀬写真館 ガイドマップダウンロード郷土料理

ホーム >> 郷土料理(一覧表示) >> 郷土料理(詳細)

<<前の情報へ次の情報へ>>

ねずし

 

「飛騨のねずし」と言って正月のごっつおに欠かせない伝統料理です。ねずしは「くさりずし」とも言います。

材料

米:1升 大根:3〜4本(約2㎏) 人参:3〜4本(約200g) 塩鱒:1本 塩:55g 麹(こうじ):500g
生姜:1切れ 酢・酒:少々

作り方

(第1日目)
1.大根・人参は皮をむいて巾1cm、長さ5cmほどの短冊に切る。

2.切った大根と人参を50gの塩で漬ける。

3.5gの塩を入れた水に塩鱒を一晩漬けて塩出しをする。

(第2日目)
1.塩鱒を洗い、2cm角に切る。

2.ご飯を人肌にさます。

3.水切りした大根に、人肌に冷ましたご飯・塩鱒・麹を入れて良く混ぜる。この時塩分がうすい様だったら この時に少し塩を振る。

4.桶に入れ、重石(3kg位)をして15日〜20日間漬ける。

5.食べ始める時、重石をしたまま水を汲みとる。

   ☆重石は、軽くてよいので、食べ始めてから忘れないようにする。
   ☆15日〜20日で食べ頃になり、約1ヵ月でおいしく食べられる。
   ☆おいしくできるコツ:鱒の含む塩分で塩加減が変わるので注意する。

リンク さんまぜ工房特産品

<<前の情報へ次の情報へ>>

↑上に戻る